続々重版!!司法の暴力を暴く慟哭必至の傑作ミステリ!太田愛「幻夏」大好評発売中!


23年前の夏、失踪した親友は何を求め、何を失ったのか――

201708141051_1.jpg
『幻夏』
著:太田 愛

「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」
毎日が黄金に輝いていたあの夏、同級生に何が起こったのか――
少女失踪事件を捜査する刑事・相馬は、
現場で奇妙な印を発見し、23年前の苦い記憶を蘇らせる。
台風一過の翌日、川岸にランドセルを置いたまま、親友だった同級生は消えた。
流木に不思議な印を残して……。
司法の信を問う傑作ミステリー。日本推理作家協会賞候補作。


下記、既刊も好評発売中!

『犯罪者』上下巻
201701111142_1-180x0.jpg
著:太田 愛

白昼の駅前広場で4人が殺害される通り魔事件が発生。
犯人は逮捕されたが、ただひとり助かった青年・修司は再び襲撃を受ける。
修司は刑事の相馬と、その友人・鑓水と暗殺者に追われながら事件の真相を追う。