戦下の日独映画界、衝撃と感動の物語!松岡圭祐「ヒトラーの試写室」大好評発売中!


201712142000_1.jpg
『ヒトラーの試写室』
著:松岡 圭祐

意外すぎる歴史秘話に基づく、
一気読みと感動必至の傑作。

1935年、20歳の柴田彰は活動写真の俳優を夢見るが、
大工の父親は猛反対し勘当されてしまった。
家を飛び出しオーディションを受けるが
箸にも棒にもかからずあえなく挫折。だが、
人手不足だった日独合作映画「新しき土」の
特殊撮影助手の仕事にありつく。

映画は見事に完成し、ベルリンにも運ばれ、
映画で人心の掌握と扇動を狙っていた
ナチス宣伝大臣ゲッベルスの心に刻み込まれ――。
書評家から熱い賛辞が続々のエンタメ小説!